バン・ミアンの美味しい読書

僕の人生を変えてくれている本を紹介します。

なぜ、あの人の話は魅力的なのか? - 思考の太らせ方 -

誰かに何かを伝える時、うまく理解してもらえず困ったという経験はありますか?

私は、何かを説明する時、「え、それってどういう事?」と怪訝な顔をされたり、伝えたい事とは違った解釈をされる事が時々あります。

一方で、世の中には、自分の意見を上手く伝え、納得させ、多くの人の共感を得る人もいます。

この違いは一体何にあるのでしょうか?

話し方、伝え方、フレームワークから作法まで、コミュニケーション、特に「伝え方」に関する本は沢山あります。

今回紹介する本は、「自分の内なる言葉に目を向けよ」という事を教えてくれた、『「言葉にできる」は武器になる。 』*1という本です。

今回は、本に書かれている内容から、参考になった部分を一部紹介します。

自分が外に向ける言葉は自分の内側にある言葉の中からしか生まれない。

f:id:banmian:20170620141152j:plain

誰かの話を聞いた時、「なんか胡散臭い」「何か響かない」と感じた事はありませんか?

または、自分が話している時に「うーん、ちゃんと伝わったか分からないなぁ」と思った事はありませんか?

実験をしてみましょう。

では試しに、「最高の一日」について話してみてください。(イメージでも構いません)
.
.
.
.
.
.
.

どうでしょう、スムーズに話せそうですか?

おそらく、スムーズに喋れた方は、普段から「理想の時間、やりたい事、趣味」などを明確にイメージした事があるはずです。

言葉に詰まった方は、「なんだよ、そんなお題いきなり振られても、上手く話せないじゃないか」となるのではないでしょうか。

言葉は、「自分の内側にある言葉(頭の中で考える言葉)」と「自分の外側にある言葉(口に出す言葉)」に分ける事ができ、

自分が頭で考える時に使う言葉をベースに、他人と話す時の言葉を作ります。

つまり、相手に理解してもらえない話というのは、

自分の内側の言葉が用意されていない、

もしくは、自分の内側の言葉に幅と奥行きがない(明確でない)と考えられます。

正しく思考の深める

内側の言葉を磨く事で、外に出る言葉は自然に豊かになります。

ここでは、本書の中で紹介されている、内側の言葉の磨き方を一部だけ紹介します。

テーマについて、全て書き出す。

f:id:banmian:20170620134339j:plain

本書の中では、思考を深めるプロセスとして

1. 思考の発散
2. 思考の拡散
3. 化学反応

の三つのプロセスを繰り返す行うのが良いとしています。

「テーマについて、全て書き出す」事は、思考の発散にあたります。

自分が考えたいテーマについて、これでもか、というほどアイデアを出してみる。

これが最初のプロセスです。

T字型思考法<連想と深化>

f:id:banmian:20170620134334j:plain

イデアの発散が終わった後は、そのアイデアに幅と深みをもたせます。

T字型思考法では、「本当に?」「それで」といった質問を自分に投げかけ、「あ、じゃあこういうことも含めなきゃ」と、連想される内容を付け足していきます。

また、「なぜ?」という質問を投げかけて、「何故ならば、〇〇だからだよ」と、さらに内容を深めていきます。

その他の拡散方法

イデアの拡散の方法は他にも紹介されています。

どのようにグルーピングすべきか、

漏れはないかなどのチェックも行います。

真逆を考える。

f:id:banmian:20170620134707j:plain

自分が考えている内容に対して、真逆の視点を当てはめます。

1. 否定の真逆
例: できる <=> できない

2. 意味の真逆
例: やりたい<=> やらなければならない *2
希望 <=> 不安

3. 人称の真逆
例: 主観 <=> 客観
知っている人 <=> まだ出会ってない人

その他の視点

自分の中にない視点を保つために、他の方法も紹介されていました。

例えば、違う人を想定し、その人の視点から考えてみる、という方法も詳しく紹介されています。

最後に

皆さんは、誰かに話をする前、もしくは説明をする前に、伝えるべき内容を整理していますか?

私は、この本を通して、「内なる言葉を磨かずに、外に向く言葉を豊かにする事はできない」と学びました。*3

是非読んでみて、言葉を武器にすべく練習を、習慣にしてみましょう。

https://www.amazon.co.jp/%E8%A8%80%E8%91%89%E3%81%AB%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B-%E3%81%AF%E6%AD%A6%E5%99%A8%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B-%E6%A2%85%E7%94%B0%E6%82%9F%E5%8F%B8-ebook/dp/B01LYN9D9S/ref=dp_kinw_strp_1www.amazon.co.jp

*1:梅田 悟司 (2016) 「言葉にできる」は武器になる。 日本経済新聞出版社

*2:私は「やりたくない」を連想しました

*3:近いうちに、「思考の整理学」を読んでみようと思います。

リスクについて、投資家から学ぶ。

みなさんは、「リスク」という言葉を聞くとどのようなことを思い浮かびますか?

挑戦的な人をみて「リスクをとっているなー。」と表現する場合もあると思います。

漠然とではあると思いますが、私たちに共通しているものは、「リスクは恐ろしく、危険であり、脅威である。」という感覚ではないでしょうか。

今回は、アメリカの投資家である、ハワード・マークス(Howard Marks)氏の著書「投資で一番大切な20の教え」*1に書かれている、リスクに関するアイデア、そしてその対処法を少しだけ紹介します。

こちらの本は具体的な投資方法が書いてあるのではなく、著者である、マークス氏が自身の経験や他の投資家から学んだ投資哲学を記した本になっており、投資をやっていない方にも有用なアイデアが詰まっている一冊になっています。

私自身、リスクに関する考え方が変わり、自分の生活や仕事にも活かしていきたいと思いました。

リスクを理解する

リスクに関しては色々と定義があると思います。ロンドン・ビジネス・スクール教授のエルロイ・ディムソン氏は「リスクとは、将来、実際に起きることよりも、起こりうることの方が多いという意味である。 *2」と述べています。

投資において、リスクを理解し、それを認識し、最後にそれをコントロールすること、が鉄則となっています。

リスクと付き合うためのプロセス。

f:id:banmian:20170616132758g:plain
[リスクリターンの相関関係とそれらが環境によって変化する。*3]

リスクとリターンの正の相関関係は、リターンの不確実性と、リスク増大時の損失を考慮した図のような関係になります。つまり、「リスクを大きくとれば、多くのリターンが期待できる」と安直に考えることはできない

リスクの定義

冒頭に挙げたように、「危険」というイメージもあるが、金融理論ではボラティリティ(変動性、偏差)と厳密に定義しています。

この本における定義

しかし、「価格が乱高下するので買わない」や「向こう三ヶ月に値下がりしそうだから買わない」というケースが絶対ではありません。投資家が、目標価格や予想リターンを設定する際に、ボラティリティをリスクとして織り込んでいるとは考え難い*4として、著者はリスクを「資金を失う可能性」としています。

リスクに関して著者はこのようにまとめています。

  • リスクは未来にのみ存在するが過去のシナリオにおいても起こり得た可能性はある。
  • つまり、あり得ないことや最悪のシナリオが起こる可能性がある。*5
  • 人々の過信と自信
  • リスクは不定期に訪れる
  • リスクを取ることを「金儲けの手段」としている。しかし、市場はそのように動く訳ではない。

リスクを認識する。

リスクの認識は多くの場合、投資家が過度に楽観的でリスクをないがしろにしており、その結果として、ある資産を高すぎる価格で買っていると気づくところから始まる。*6

リスクを恐れよ

リスクを恐れ、自分の投資に対して、見返り(リスクプレミアム)を求めることは非常に重要になります。「投資においてはリスクプレミアムを求めることはできるけど、実際のビジネスでは無理だろ!」とかんがえるかもしれませんが「リスク分を考慮して期待リターンを割り引くこと」はできます。

全ての工程において、リスクを警戒することは大事ですね。

リスクの認識については、他にも詳しく書かれています。私が興味を持ったのは「リスクのあまのじゃく現象」についてです。

リスクのあまのじゃく現象

「リスクが高すぎる、どんな価格でも買わない」
<=>
誰もが高リスクと考える資産の価格は大抵危険でない水準まで落ちる。

「最高の好景気、リスクなんてない。上昇傾向じゃないか。」
<=>
誰もがリスクがないと信じる資産価格は極めて危険な水準まで上昇。

リスクをコントロールする。

リスクを避けることは非常に簡単であるが、その場合、無リスク資産を上回るリターンを避けることも意味します。いかにリスクをコントロールすべきか、が非常に重要なステップになるということです。

低リスクをとってほどほどのリターンを、ほどほどのリスクをとって高いリターンを

絶対的な利益率を安定して取れるのは非常に刺激的に見えますが、投資の達人と知られるウォーレン・バフェット氏、ピーター・リンチら氏らを見ていてもわかる通り、「巨額の損失」は出していません。彼らは一体どのような投資方法を行なっているのでしょうか。

重要なのは市場平均を下回るリスクを取りながら、平均を超えるリターンをあげることである。
  • リスクをきちんと分析し
  • ポートフォリオを適度に分散化する。
  • そして、リスクの見返りをはるかに上回るリターンが期待できると確信した場合に限って投資を行う。

損を出した投資の数とその損失の規模

起こりうる範囲を考える時、多くの人は考慮することのないケースを無視する。*7しかし、そのようなリスクも考慮しつつ、リスクを理解し、
然るべき時に、
然るべき資産について、
然るべき価格で、
リスクを取ることを喜んで受け入れる(また、そうなるようにリスクを考慮する。)ことが非常に重要になることに気がつきました。
本書の最後に詳しく書かれているのですが、損を出さないように投資する(ディフェンシブな投資*8 )事が非常に重要であると気づかされました。

最後に

皆さんはリスクをどのように考えていますか?
この本では、「リスクをどのように理解すべきか」だけではなく、どのような姿勢で投資をすべきなのか、どのようにパフォーマンスを評価すべきなのかが書かれています。
是非一度読んで見て、感想を聞かせてください。

*1:Howard Marks (2011). "The Most Important Thing: Uncommon Sense for the Thoughtful Investor" Columbia Business School Publishing. (貫井佳子訳(訳),2012年. 「投資で一番大切な20の教え」日本経済新聞出版社

*2:Elroy Dimson, London Business School: "Risk means more things can happen than will happen."

*3:同書, P69

*4:背景: 筆者がファンダメンタル分析に重きをおいている。

*5:ここら辺に関する考え方は、「ブラックスワン」を読もうかなと思っています。

*6:同書, P91

*7:こちらの内容も「ブラックスワン」と関係の深い内容です。

*8:同書, P296

Mac OSでスクリプトを自動実行するためにやったこと(メモ)

今日は少し内容が脱線しますが、メモとして残しておこうと思い書きました。

概要

1. 実行するスクリプトの用意

2. launchd.plistの作成と保存

3. launchd.plistの登録と取消

launchd.plistの作成

基本的な記述

例えば、sample.pyというpythonスクリプトを30秒ごとに実行したい時の記述。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
<!-- label* --> 
<key>Label</key>
<string>py.sample.python</string>

<!-- script* -->
<key>ProgramArguments</key>
<array>
<string>python</string>
<string$HOME/hoge/hoge/sample.py</string>
</array>
<!-- launchctl loadしたタイミングで実行するか -->
<key>RunAtLoad</key>
<true/>

<!-- いつ実行するのか -->
<key>StartInterval</key>
<integer>30</integer>

<!-- ログ指定 -->
<key>StandardErrorPath</key>
<string>/Users/hoge/script/cron/err.log</string>
<key>StandardOutPath</key>
<string>/Users/hoge/script/cron/log.log</string>
</dict>
</plist>

コメントアウト中に*がある項目は必ず必要。
こちらのファイルを

~/Library/LaunchAgents/py.sample.python.plist

として保存します。

その他のオプション

カレンダー指定
<!-- カレンダー指定(例:毎日6時30分に実行) -->
<key>StartCalendarInterval</key>
<dict>
  <key>Minute</key>
  <integer>30</integer>
  <key>Hour</key>
  <integer>6</integer>
</dict>

Minute:分
Hour:時間
Day:日
Weekday:曜日(0と7は日曜日)
Month:月
で設定。

数字は適宜変更しましょう。

処理時間の制限

標準は20秒です。

<key>ExitTimeOut</key>
<integer>1200</integer>
ソフト制限, ハード制限
<key>SoftResourceLimits</key>
<dict>
    <key>CPU</key>
    <integer>1200</integer>
    <key>FileSize</key>
    <integer>1000000000</integer>
    <key>Data</key>
    <integer>1000000000</integer>
</dict>
<key>HardResourceLimits</key>
<dict>
    <key>CPU</key>
    <integer>1200</integer>
    <key>FileSize</key>
    <integer>1000000000</integer>
    <key>Data</key>
    <integer>1000000000</integer>
</dict>

こちらも、数字は適宜変更しましょう。

管理権限

管理権限はplistの保存する場所によって変わります。
基本的に一番上のもので大丈夫なような気がします。

ディレクト 概要
~/Library/LaunchAgents ユーザごとに実行するエージェントの格納ディレクト
/Library/LaunchAgents 管理者が管理するエージェントの格納ディレクト
/Library/LaunchDaemons 管理者が管理するデーモンの格納ディレクトリ(ログイン状態に依らない)
/System/Library/LaunchAgents OS が管理する各ユーザが実行するエージェントの格納ディレクトリ(触らない)
/System/Library/LaunchDaemons OS が管理するシステムが実行するデーモンの格納ディレクトリ(触らない)

launchd.plistの登録/編集/取消

登録
launchctl load ~/Library/LaunchAgents/py.sample.python.plist
編集
launchctl unload ~/Library/LaunchAgents/py.sample.python.plist
#編集を行う
launchctl load ~/Library/LaunchAgents/py.sample.python.plist
取消
launchctl unload ~/Library/LaunchAgents/py.sample.python.plist

編集は一度unloadしてから行いましょう。

その他オプション等もきになる方は調べてみてください。
以下、参考にさせていただいたサイトです。

あなたも「Grit」があれば目標達成できる。

 

「あいつは天才だ。敵うわけない。」

 

いつの時代も「天才」と評される人物がいます。

学者、軍人、政治家、作家、経営者、あらゆる分野で並外れた成果を残した偉人、「成功者」に共通するものは一体何なのでしょうか。

多くの方は、「そりゃ才能があるからだよ」と思うのではないでしょうか。

 

 f:id:banmian:20170614141742j:plain

成功の鍵はやり抜く力

しかし、「成功の鍵」について研究し続けた、ペンシルベニア大学教授のAngela Duckworth氏は、成功の理由は「GRIT(やり抜く力、また、情熱)」*1にあると主張しています。

TEDトーク"Grit: The power of passion and perseverance"(日本語字幕もあります。) , *2

 この6分ほどの動画の中では、彼女どのようにして「Grit」にたどり着いたのかというストーリーが語られています。

目標達成の方程式, やり抜く力をはかる「グリット・スケール」

あきらめない力や情熱が目標達成に結びつくと聞いても、具体的にどのように結びついているのかがない限り納得できるものではないでしょう。

本書の中では、「才能」、「努力」、「スキル」そして「達成」がどのように結びついているのかが、目標達成の方程式として説明されています。

また、どれだけの時間をかけるべきか、どのような目的意識を持てば良いのか、などの説明もあるので、イメージもしやすく、面白いです。*3

また、「グリット・スケール」と言われる、「情熱と粘り強さ」をはかる質問も紹介されており、これらの質問は実際の実験でも使ったそうです。

自分のグリットスコアを平均値や理想の値と比較してみて「現在自分がどのあたりにいるのか」を知ることができます。

余談ですが、私がこの本の中で個人的に好きなのは「バフェットがパオロットに伝授した『目標達成法』」の話です。

世界的に有名な投資家であるウォーレンバフェット氏が、自身のプライベートジェットのパイロットに話した「目標の絞り方」に関する話は非常に興味深ったです。

最近読んだ本でもバフェット氏が登場したのもあり、近いうちにバフェット氏に関する本を幾つか読んでみようと思いました。

最後に

本書には、「成功するための重要な鍵」だけでなく、Gritを身につけるために何を意識して行動すれば良いのかが書かれています。本書を通して、皆さんの考え方に新しい視点が加われば幸いです。

www.amazon.co.jp


 

 

*1:Angela Duckworth (2016). "Grit: The Power of Passion and Perseverancer" Columbia Business School Publishing. 神崎 朗子(訳),2016年.  やり抜く力 GRIT(グリット) ダイヤモンド社.

*2:2017年6月現在, 視聴回数は1000万回超えています。

*3:皆さんも聞いたことがあると思いますが、Malcolm Gladwell氏の「10000時間の法則」についても書いてありました。