バン・ミアンの美味しい読書

僕の人生を変えてくれている本を紹介します。

あなたも「Grit」があれば目標達成できる。

 

「あいつは天才だ。敵うわけない。」

 

いつの時代も「天才」と評される人物がいます。

学者、軍人、政治家、作家、経営者、あらゆる分野で並外れた成果を残した偉人、「成功者」に共通するものは一体何なのでしょうか。

多くの方は、「そりゃ才能があるからだよ」と思うのではないでしょうか。

 

 f:id:banmian:20170614141742j:plain

成功の鍵はやり抜く力

しかし、「成功の鍵」について研究し続けた、ペンシルベニア大学教授のAngela Duckworth氏は、成功の理由は「GRIT(やり抜く力、また、情熱)」*1にあると主張しています。

TEDトーク"Grit: The power of passion and perseverance"(日本語字幕もあります。) , *2

 この6分ほどの動画の中では、彼女どのようにして「Grit」にたどり着いたのかというストーリーが語られています。

目標達成の方程式, やり抜く力をはかる「グリット・スケール」

あきらめない力や情熱が目標達成に結びつくと聞いても、具体的にどのように結びついているのかがない限り納得できるものではないでしょう。

本書の中では、「才能」、「努力」、「スキル」そして「達成」がどのように結びついているのかが、目標達成の方程式として説明されています。

また、どれだけの時間をかけるべきか、どのような目的意識を持てば良いのか、などの説明もあるので、イメージもしやすく、面白いです。*3

また、「グリット・スケール」と言われる、「情熱と粘り強さ」をはかる質問も紹介されており、これらの質問は実際の実験でも使ったそうです。

自分のグリットスコアを平均値や理想の値と比較してみて「現在自分がどのあたりにいるのか」を知ることができます。

余談ですが、私がこの本の中で個人的に好きなのは「バフェットがパオロットに伝授した『目標達成法』」の話です。

世界的に有名な投資家であるウォーレンバフェット氏が、自身のプライベートジェットのパイロットに話した「目標の絞り方」に関する話は非常に興味深ったです。

最近読んだ本でもバフェット氏が登場したのもあり、近いうちにバフェット氏に関する本を幾つか読んでみようと思いました。

最後に

本書には、「成功するための重要な鍵」だけでなく、Gritを身につけるために何を意識して行動すれば良いのかが書かれています。本書を通して、皆さんの考え方に新しい視点が加われば幸いです。

www.amazon.co.jp


 

 

*1:Angela Duckworth (2016). "Grit: The Power of Passion and Perseverancer" Columbia Business School Publishing. 神崎 朗子(訳),2016年.  やり抜く力 GRIT(グリット) ダイヤモンド社.

*2:2017年6月現在, 視聴回数は1000万回超えています。

*3:皆さんも聞いたことがあると思いますが、Malcolm Gladwell氏の「10000時間の法則」についても書いてありました。