バン・ミアンの美味しい読書

僕の人生を変えてくれている本を紹介します。

なぜ、あの人の話は魅力的なのか? - 思考の太らせ方 -

誰かに何かを伝える時、うまく理解してもらえず困ったという経験はありますか?

私は、何かを説明する時、「え、それってどういう事?」と怪訝な顔をされたり、伝えたい事とは違った解釈をされる事が時々あります。

一方で、世の中には、自分の意見を上手く伝え、納得させ、多くの人の共感を得る人もいます。

この違いは一体何にあるのでしょうか?

話し方、伝え方、フレームワークから作法まで、コミュニケーション、特に「伝え方」に関する本は沢山あります。

今回紹介する本は、「自分の内なる言葉に目を向けよ」という事を教えてくれた、『「言葉にできる」は武器になる。 』*1という本です。

今回は、本に書かれている内容から、参考になった部分を一部紹介します。

自分が外に向ける言葉は自分の内側にある言葉の中からしか生まれない。

f:id:banmian:20170620141152j:plain

誰かの話を聞いた時、「なんか胡散臭い」「何か響かない」と感じた事はありませんか?

または、自分が話している時に「うーん、ちゃんと伝わったか分からないなぁ」と思った事はありませんか?

実験をしてみましょう。

では試しに、「最高の一日」について話してみてください。(イメージでも構いません)
.
.
.
.
.
.
.

どうでしょう、スムーズに話せそうですか?

おそらく、スムーズに喋れた方は、普段から「理想の時間、やりたい事、趣味」などを明確にイメージした事があるはずです。

言葉に詰まった方は、「なんだよ、そんなお題いきなり振られても、上手く話せないじゃないか」となるのではないでしょうか。

言葉は、「自分の内側にある言葉(頭の中で考える言葉)」と「自分の外側にある言葉(口に出す言葉)」に分ける事ができ、

自分が頭で考える時に使う言葉をベースに、他人と話す時の言葉を作ります。

つまり、相手に理解してもらえない話というのは、

自分の内側の言葉が用意されていない、

もしくは、自分の内側の言葉に幅と奥行きがない(明確でない)と考えられます。

正しく思考の深める

内側の言葉を磨く事で、外に出る言葉は自然に豊かになります。

ここでは、本書の中で紹介されている、内側の言葉の磨き方を一部だけ紹介します。

テーマについて、全て書き出す。

f:id:banmian:20170620134339j:plain

本書の中では、思考を深めるプロセスとして

1. 思考の発散
2. 思考の拡散
3. 化学反応

の三つのプロセスを繰り返す行うのが良いとしています。

「テーマについて、全て書き出す」事は、思考の発散にあたります。

自分が考えたいテーマについて、これでもか、というほどアイデアを出してみる。

これが最初のプロセスです。

T字型思考法<連想と深化>

f:id:banmian:20170620134334j:plain

イデアの発散が終わった後は、そのアイデアに幅と深みをもたせます。

T字型思考法では、「本当に?」「それで」といった質問を自分に投げかけ、「あ、じゃあこういうことも含めなきゃ」と、連想される内容を付け足していきます。

また、「なぜ?」という質問を投げかけて、「何故ならば、〇〇だからだよ」と、さらに内容を深めていきます。

その他の拡散方法

イデアの拡散の方法は他にも紹介されています。

どのようにグルーピングすべきか、

漏れはないかなどのチェックも行います。

真逆を考える。

f:id:banmian:20170620134707j:plain

自分が考えている内容に対して、真逆の視点を当てはめます。

1. 否定の真逆
例: できる <=> できない

2. 意味の真逆
例: やりたい<=> やらなければならない *2
希望 <=> 不安

3. 人称の真逆
例: 主観 <=> 客観
知っている人 <=> まだ出会ってない人

その他の視点

自分の中にない視点を保つために、他の方法も紹介されていました。

例えば、違う人を想定し、その人の視点から考えてみる、という方法も詳しく紹介されています。

最後に

皆さんは、誰かに話をする前、もしくは説明をする前に、伝えるべき内容を整理していますか?

私は、この本を通して、「内なる言葉を磨かずに、外に向く言葉を豊かにする事はできない」と学びました。*3

是非読んでみて、言葉を武器にすべく練習を、習慣にしてみましょう。

https://www.amazon.co.jp/%E8%A8%80%E8%91%89%E3%81%AB%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B-%E3%81%AF%E6%AD%A6%E5%99%A8%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B-%E6%A2%85%E7%94%B0%E6%82%9F%E5%8F%B8-ebook/dp/B01LYN9D9S/ref=dp_kinw_strp_1www.amazon.co.jp

*1:梅田 悟司 (2016) 「言葉にできる」は武器になる。 日本経済新聞出版社

*2:私は「やりたくない」を連想しました

*3:近いうちに、「思考の整理学」を読んでみようと思います。